サブメニュー

プロミスをうまく使って利息を軽くする

キャッシングを利用するときには、少しでもお得な方法を考えることが重要です。その方法として、インターネットなどの情報を有効に活かして、有利な条件で融資をしてくれるところを探すことも一つの方法です。

このときに注目していきたい消費者金融として、プロミスがあります。ここでは、非常に有利な条件でキャッシングを利用することができるため、有力な候補として考えることができる会社です。

また、キャッシングというのは、お金を借りるという事になるため、信用することができるというのも、非常に重要な条件になります。ここでは、テレビコマーシャルなどでも有名なため安心して利用することができる会社と考えることができます。

インターネットなどの口コミをみても、非常に満足感の高い会社で有るため、納得できる条件で利用することが期待できます。

プロミスの特徴としては、初回利用の場合に、金利がかからないサービスがあるというのも大きな点です。この部分を有効に利用することで、非常にお得にキャッシングを利用していくことができるため積極的に活用していきたい部分です。

お金に困ったときには、少しでも有利な方法としてここを利用することも検討してみるべきです。

キャッシング利用可能の身分

正社員だけがキャッシングで融資を受けられる訳ではなく、学生、主婦、非正社員もキャッシングでお金を借りることが可能です。

正社員は定職に就いているので定期的な収入があり、ボーナスがあり、クビになりにくく、働く意欲もあるとの要素によりキャッシング業者に歓迎されます。非正社員でも条件を満たしていれば借り入れはできますが、貸付限度額が正社員よりも低くなる事があります。

学生でもキャッシングは可能ですが、アルバイトなどをしており収入があり、更に20歳以上といった条件が必要とされます。学生でも親に知られずに借り入れできるのがキャッシングの魅力であり、学費の足しに、サークル活動代に、飲み会代に、と利用も自由です。

20歳以上との年齢条件が存在するために大学生であっても19歳は利用ができませんし、高校生や中学生は当然ながらも論外となります。専門学生やその他の学生の場合でも20歳以上であれば融資を受ける事ができます。

主婦が消費者金融でキャッシングをしたい場合、学生同様にアルバイトなどで収入がある事が条件となりますが、銀行カードローンにおいては全く働いていない専業主婦でも旦那の収入をあてに利用できるサービスが存在しています。

安心できるキャッシング業者から借りるコツは

キャッシング業者の100%が安全とは言い切れないため、事前の情報収集が必要となります。一番安心できるのは銀行・その他金融機関(非営利)ですが、大手銀行と酷似した名称には注意が必要です。

大手銀行名を一部に使用しており、「○○ファイナンス」などと名乗っていますが、ネットで調べるとページが出てこないのが特徴です。こうした業者は最初から存在しないので、少しでも怪しいと思ったらネットで調べましょう。ある程度規模の大きな金融機関であれば、必ずホームページを持っているものです。

最近はホームページを持たない業者のほうが少なく、規模の大きくない街金クラスでも持っているほどです。お金を借りる前には、金融機関の情報をよく調べておく必要があります。ホームページには会社概要が記載されており、屋号、住所、電話番号、貸金業の登録番号などは必ず記載しています。

貸付条件に関しては、「20歳以上で収入が安定している方」を基本としているので、「誰でもOK」といった宣伝には注意が必要です。金融機関側としても、貸し出す相手はよく精査したいと考えています。貸したお金が返ってこなければ倒産してしまうため、誰にでも貸すようなことは絶対にありません。